浅草岳のヒメサユリに感激❕

 

6月22日 月曜日

午前4時過ぎに起床。

車内を片付けて、朝食はあんぱんとバナナ、コーンスープ。

身支度をして5時過ぎに出発。

六十里越駐車場へと向かった。30分ほど走ると到着。

すでに10台以上が止まっていた。上空は期待外れの曇り空。

登山届のポストの横から登って行く。

20622tozanguti

いきなりの急登!普段の運動不足が身に堪える。時折雨が降ったりしたが、大したことは無かった。

樹林帯が続きさぞかし虫が多かろうと、好日山荘で調達した網をすっぽり被り快適だった。

Img_1394

8:30南岳に登頂した途端、憧れのヒメサユリに出逢いました~♪
惚れ惚れするほど美しいです。

20622himesayuri3

蕾も色濃く、素晴らしいです。

20622himesayuri2

前方には咲き誇っているヒメサユリの群落が!

20622himesayuri5

写真を撮るのに夢中です。ほのかな甘い香りがします。
後から着いた登山客達が、感嘆の声を上げていた。
皆、同じ思いなんだな~o(*^o^*)o

20622himesayuri8

20622himesayuri7

もっともっとゆっくりしたかったけど、どんどん登ってくるので下山することに。今回は浅草岳の山頂には登らず、ヒメサユリの写真を撮ることだけに徹した。ただ残念なことに、明日登る予定だった「田代山・帝釈山」への道路が封鎖されていると聞いたことだった。

近くにはウラジロヨウラクの花も。

20622urajiro

9時に下山開始。ゴゼンタチバナやマイズルソウも咲いている。

イワカガミ

20622iwakagami

なだらかな登山道もあるが、最後は急坂が続く。膝を心配しつつ転ばないように慎重に下るが、一度だけ細い根っこに躓いてしまった。腕を少し擦り剝いたが、足は無事。隊長に心配させてしまった。

20622asakusadake1

11時半に駐車場に到着。なんと、車の台数が五倍位増えていた。

車は山道をくねくねと下り、湯ノ花温泉へと向かう。

途中「道の駅きらら」に立ち寄り、昼食をとることに。

南郷村のトマトが有名なので、珍しい「トマトラーメン」を食べた。スープも麺も納得する美味しさだった。売店で福島の銘酒が五種類のワンカップセットや蕗味噌・羊羹を買う。

その後、雨が強く降り出した。一日天気は回復することは無く、天気予報は大きく外れた・・・

舘岩村の村人が管理する入浴場「湯ノ花温泉」の4カ所は一人200円の入浴券を購入して利用することが出来る。

いつも入るのが「弘法の湯」である。入浴中、外は激しく雨音がしていた。湯に浸かりながら、至福の時間がゆっくりと流れる。出るころには、ご近所のお年寄りの方々が沢山いらした。

私はこれで大満足だったが、隊長はもう一カ所の「天神の湯」へ入った。熱い湯らしく水の入った大きなバケツが二つ置いてあり、湯の中に入れると丁度良くなったとか。それ以上薄めないようにということである。

雨も上がり、今夜車中泊する「道の駅 会津西街道たじま」へ向かい。午後4時45分に到着。

地元の野菜などを買う。湯を沸かして夕食はレトルトカレーとホカッチャと言うパンなど。

明日の山行は中止になったので、予定を変更。帰宅することとした。

翌23日、5時半ごろ起床。朝食はパンとコーヒー、アルファ化米のエビピラフとミニトマトで満腹に。

7時半過ぎに出発。途中日光今一にある「船村徹記念館」に立ち寄ったが、生憎休館日だった。隊長の高校の尊敬する大先輩であり、一度は入りたかったのに残念がっていた。またの機会にと言うことで、東北道を走り、家路に向かう。

自宅着13時10分。ヒメサユリに逢えたこと、感謝感激の旅だった。

 

 

| | コメント (12)

浅草岳のヒメサユリ♪

2020年6月21日 日曜日

早朝5時過ぎに自宅を出発。

明日、浅草岳に咲くヒメサユリに逢えることを期待しながら新潟方面へと向かった。

関越道に入ってから雨が降り出し、嫌な予感。

しかし長い関越トンネルを抜けると、青空が広がっていた。

湯沢石打SAでトイレ休憩。六日町で高速を降りる。

日帰り温泉施設「湯らりあ」でゆったり温泉に浸かりたかったが、熱過ぎて忙しく出たり入ったりι(´Д`υ)アツィー

今日の車中泊は「道の駅いりひろせ」である。カーブの多い山道を走ると、雪国らしくスノーシェッドが続く。

Img_1376

お昼近くに到着。Q隊長は、早速リラックスタイム。売店で山ウドのたまり漬けと日本酒などを購入。席を離れた時にわらび餅をカラスに奪われてしまった!

夕食には早い時間だったが、地元の方に勧められた「ごっぽう手打ち蕎麦」を山菜天ぷらと一緒に食べた。おっしゃる通り、大変美味しかったです。

Img_1389

Img_1392

日差しが強くとても暑い。道の駅の傍に「鏡ヶ池」があり、周りが散策路になっている。ニジマスを放流して毎年、釣り大会をしているそうだ。父と男の子、祖父と孫、若い人など、それぞれ釣りを楽しんでいた。

Img_1378

この池にずーっと住んでいるらしいマガモ達(親子かな?)

人がすぐそばに居ても、仲良く昼寝をしている姿が何とも可愛らしかった。

Img_1386

規則正しい?日常とは違い、遊びではあるが主婦は何かと片付けや準備で忙しい。それでもゆっくり流れる時間をどう過ごせば良いか、後になって反省する。

隣の車のご夫婦も明日浅草岳に「ネズモチ平」から登るとか。私達も最初の計画はそうだったが、ヒメサユリが群生しているのは六十里越の登山口から南岳の所と知り、変更したのである。

車の中を整理して寝床を作る。手作りのカーテンでプライバシーは万全。いつもながら、なかなか寝付かれない。明日の天気が気になるが、テレビもラジオも電波は届かず・・・予報では晴れ間もありだし、期待しつつ眠りについた。

明日に続く。

| | コメント (0)

え!こんな所に

ウォーキングやラジオ体操でお世話になっている公園。

このところの春の陽気に梅の花が咲き、

桜の木々にも花芽が、少しづつ膨らんでくるのも楽しみである。

早咲きの桜も、日の当たるところから開花した。名前の分からない桜だけど小さめの薄いピンクの花。

そして今日、ウォーキングの途中でQさんが道を外れて高い所に登って、何かを摘んでいる。

私も登ってみたら、沢山のフキノトウが!

一緒に歩いていた、お仲間の80代の元気なお二人の女性も見たいと言うので、手をお貸しして登った。

一緒にフキノトウを摘みながら、今日は天ぷら~フキ味噌を作るわ~って、

竹藪を綺麗に刈っていたところから、一気に咲き出したんだよってQさんが言った。

春の恵みを思いっきり感じながら、美味しく頂きました。

Cimg6649

| | コメント (8)

早咲きの桜

今年は、時々さぼりながらもウォーキング&ラジオ体操を頑張っている。

ついこの間まで、暗いうちに家をでたのにいつの間にか東のそらから明るくなってきた。

公園の桜の木々も、花の蕾が膨らんできた。

うめの花も咲き、春の訪れがもう直ぐなんだな~って

昨日から開花した早咲きの桜。河津桜?

メジロのつがいが、花の蜜を忙しく啄んでいた。

Cimg6643

最近、「男はつらいよ」の寅さんにはまってる。

何と言っても人情深い人々の暮らしぶりが、羨ましくもある。

二人っきりで、DVDを観賞。久しぶりに大笑いする。

 

春から町内会の理事の仕事が7年ぶりに回ってくる。

何かと忙しくなるな~ 

| | コメント (2)

令和2年

 

Img_6810 

皆様、明けましておめでとうございます

昨年は大変お世話になりました。

今年もよろしくお願いいたします。

外は強風が吹き、寒さが一段と厳しい元旦を迎えましたが、お風邪を召しませんように、気を付けて下さいませ。

今から睡眠をとって、ラジオ体操のお仲間と初日の出を見てから神社へ初詣に参る予定です。

今年も皆さまのご健康と

ご多幸をお祈り申し上げます(^人^)

 

| | コメント (6)

舞岡公園歩き

9月17日(金曜日)晴れ☀

秋晴れと言うより、残暑の様な夏日だった。
久しぶりに田園風景と村里が懐かしい、舞岡公園を訪ねた。


敬老パスを使って、横浜の市営地下鉄に乗り30分。
何年ぶりかな~平日で人も少ない。
この時期に咲いているヒガンバナがちらほらと。

Maioka2

山道あり、谷地には実った稲が刈られていたり、まだ黄金色を放っていたり
面白い案山子さんがユーモアたっぷり。

Maioka15 
Maioka21

毎年、案山子コンテストを行っているそうだ。

Maioka7

Maioka12

Maioka17

秋の花や実も。クルミが沢山!

Maioka8

山ぶどうが美味しそう~

Maioka14

白い萩が綺麗~

Maioka20

コスモスも少なかったけれど、鮮やかに。

Maioka22

他にも沢山の秋の花が楽しめる里である。画像が10までなので・・・

ワレモコウ、キンミズヒキ、ヤマハギ、まだ青い柿やカラスウリなど。

時間がゆっくりと流れる。珈琲を淹れて、コンビニのおにぎりを頬張る。

明日から天気が崩れ、日曜から暫く雨模様とか。心配事が沢山ある。

未だに行方不明の7歳の女の子。早く見つかって欲しい。

南の海上に、台風が発達すると言う。被災された千葉の方たちの
復旧が間に合わないのではと気にかかる。

そして今から5年前の今日は、御嶽山の噴火による大勢の犠牲者が。
その時、私たちは鹿島槍ヶ岳へ。忘れられない日である。

 

 

| | コメント (8)

白馬岳の花々③

画像ファイルが10までなので、長くなってしまった。
ホームページのように今は作れないので、もっと簡略化した方が良いかも。

では最後の花々を。

ハクサンイチゲ、貴重な一枚

Cimg6476

ミヤマクワガタ

Cimg6480

ミヤマダイモンジソウ

Cimg6481

ウサギギク

Cimg6352

ウサギギクの群生。何とも名前の通り可愛い花です。

Cimg6353

 イワオトギリの蕾

Cimg6386

コイワカガミ

Cimg6395

シナノキンバイ

Cimg6477

シロウマタンポポ

Cimg6478

山の斜面に、シナノキンバイやミヤマキンバイなど、黄色の花たち

Img_1095

こうした砂礫の斜面には、コマクサが沢山!
もう少し早い時期なら元気な姿を見ることが出来たかも。

Img_1110

この他にも、ミヤマシオガマ、シコタンソウ、ミヤマオダマキ、等々
沢山の花たちに出会った。

| | コメント (8)

白馬岳の花々②

 

2日 白馬大池より白馬岳への登山道に咲いていた花々

登り始めたころのハクサンフウロ

Cimg6424

イワオウギ

Img_1067

チシマギキョウ

Cimg6444

ミヤマアズマギク

Img_1078

イワベンケイとミヤマアズマギク

Img_1082

ミヤマアズマギク

Cimg6456

イワベンケイ

Cimg6461

ミヤマクワガタ

Cimg6463

ヨツバシオガマ

Cimg6464

タカネツメクサ イワツメクサも咲いていたが、風に揺れて撮れず。

Cimg6468

ウルップソウは茶色い姿になったのが多く、辛うじて綺麗に咲いていた花もあったが、遠すぎてブレブレだった。

見過ごしてしまった花も沢山あったと思う。

白馬岳の花々③に続く。

 

 

 

 

| | コメント (0)

白馬岳の花々①

7月31日~8月2日 白馬岳周辺に咲く高山植物たち

白馬岳登山の初日は蓮華温泉。
ロッジの前に咲いていたカライトソウとトンボ

Img_0997

マツムシソウと蝶々

Img_0996

白馬大池に咲いていた花々 シロウマオウギ

Cimg6347

タテヤマリンドウ

Cimg6349

シロウマチドリ

Cimg6350

ムカゴトラノオ

Cimg6355

ハクサンコザクラ

Cimg6365

イワイチョウ

Cimg6398

チングルマの果実「開く前の筆先のような形が可愛い」

Cimg6401

モミジカラマツ(蓮華温泉からの登山道に咲いていた)

Cimg6343

この他にもハクサンイチゲの花の終わりなど、8月に入ると花の数も少なくなったようです。続きは白馬岳の下りに咲いていた花たちを、後ほどアップします。

 

 

| | コメント (0)

③白馬岳~白馬大池~蓮華温泉~帰宅

8月2日 白馬岳よりの続き。

ひげごじらさんとお別れしてから、ひたすら大池を目指す。
岩ゴロの道は、足がもつれ歩きにくかった。
1カ月前に捻挫し、治ったと思った左足首が少し痛み、心配だったけれど最後までもってくれた。

Img_1117

白馬大池が見えてくるとホッとした。
楽勝~だなんて言っていたのは何処の誰でしょうね~
体力の衰えを、嫌っと言うほど感じた山行だった。

Img_1134

白馬大池山荘のテント場は、既に新しく張ったテントが!
撤収していなかったのは我が家のだけかも・・・
9年前は、私達のテントがポツンと一張だけだった。
夏休みに入ると、流石人気の山だね~小学生の子供連れも多かった。

Img_1136

疲労困憊でも、これから蓮華温泉まで下山しなければならない。
時間を気にしていた隊長の判断は正しかった。
アルファ化米の赤飯と梅じゃこご飯を食べてから、テントを撤収。
14時に下山開始。覚悟して気持ちを引き締めた。
カメラも仕舞い、怪我のないように慎重に下った。

でも、気温が高く喉も乾く。足もふらついた。
とても長く感じたし、実際1時間以上多くかかった。

二人して後悔と反省。こんなに緊張した下りは無かったかも。
蓮華温泉ロッジに、夕方4時までに食事と温泉の受付をしなければならなかったのに、到着が6時近くになってしまった。ダメもとで管理人さんにお願いしたら、気持ちよくOKしてくださった。

急いで支度をしてロッジの内湯に入り、身体を洗い温泉に浸かった。
Q隊長は10分、隊員は5分・・・食事は6時半からだったので、ゆっくり温泉に浸かれなかったのは仕方がない。汗を流せただけでもありがたかった。

お隣の席に、同じ白馬からのご夫婦で、共通の話題と美味しい食事と共に楽しい時間を過ごすことが嬉しかった。
8時になり、私達は車に戻った。疲れ果て、片付けもいい加減にして深い眠りについた。

8月3日(土曜)5時起床。

良いお天気だった。駐車している車が半端でない。次から次へと山へ向かう登山者達。まだ疲れが残っているのでテキパキと動けず。今日は帰るだけだし、ゆっくりしようと思った。まだ到着しないバス停のベンチで、珈琲を淹れて残った食べ物で朝食。荷物を整理して出発した。足の筋肉痛を和らげたいと、最初の日に寄った日帰り入浴施設「みみずくの湯」へと向かった。

Cimg6484

 

Cimg6490

立ち寄り湯は10時からなので、時間つぶしに「大出の吊り橋」へ寄ることにした。土曜日なので、観光客もおおい。

ここは何回も訪れている。雲が無ければ、白馬三山(白馬槍、白馬岳、杓子岳)の雄姿が望めるのに。

Img_1158

ついでに橋も渡ってみた。

Cimg6496

「みみずくの湯」は、すぐ近くなので少し早めに行ってみたら10時前に入れてもらえた。私はいつもQ隊長を待つくらい1時間も入っていられないのに、この日は30分も長く入っていた。

30代くらいの二人連れ、お友達同士で山に登っている方達とお喋りが尽きなかった。私も山の話になると止まらない。あんなにしんどかったのを忘れて・・・笑っちゃいますね~
Q隊長を30分も待たせてしまったが、休憩室で誰かと楽しく話していた。

Cimg6502

人気のヨーグルトとソフトクリームを売店で買い、休憩室でまったり。
11時半過ぎに、出発した。ラジオで諏訪湖方面などに、雷大雨洪水注意報が流れた。午後1時半近くに、いきなり強い雨がフロントガラスに叩きつけるように降ってきた。前が見えないくらいに。中央道原に着くころには雨脚も弱くなった。

今回は中央道から圏央道を通り、保土ヶ谷バイパスで下車。事故で渋滞もあたが、夕方5時には家に到着。
塩っ気のものが食べたくなり、とんぱた亭のラーメンを食べに。美味しかった~楽をさせてもらいました。

今回の山旅は、多くの方とふれ会い貴重な思い出が出来ました。
2年ぶりの山は、手強かった。今度は体力に合わせて計画しなければね。
ひげゴジラさん、沢山の方にお世話になりました。ありがとう~

次は、出会ったお花の画像を載せます。

 

| | コメント (4)

«②白馬岳へ「白馬大池~白馬岳~蓮華温泉へ」